【マイナンバー】「個人番号カード」は必ず作る必要がありますか?

最終更新日 2021年6月3日

ページID 002135

印刷

 「個人番号カード」の発行は任意です。希望する場合は申請、交付を受けてください。
 「個人番号カード」は顔写真付きの身分証明書として利用できるほか、コンビニ交付サービス、健康保険証利用(予定)など、様々なサービスをうけられるカードです。マイナンバーの証明書類として保管するにも、住民票などの紙面より便利ですので、交付を受けられることをお勧めしています。
 また、令和2年5月25日に「通知カード」が廃止となったため、新しくマイナンバーを取得された方については「個人番号通知書」が送付され、「通知カード」の交付がありません。すでにお持ちの「通知カード」については経過措置として、住所・氏名等記載内容に変更がない場合のみ、個人番号証明書類として使用できます。

関連情報

情報発信元

住民税務課

〒910-2512 福井県今立郡池田町稲荷35-4
電話番号:0778-44-8001
ファックス:0778-44-8080
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日、休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


このページを評価する