中小企業等経営強化法に基づく「先端設備等導入計画」の認定申請について

最終更新日 2021年7月20日

ページID 002685

印刷

 中小企業等の労働生産性の向上を図るため、「導入促進基本計画」を策定し、令和3年7月19日に国の同意を得ました。
 事業者がこの計画に沿った「先端設備等導入計画」を作成し、本町の認定を受けて先端設備等を取得することで、取得設備にかかる固定資産税の特例や金融支援を受けることが可能となります。
 なお、支援を受けるためには「先端設備等導入計画」の認定後に設備を取得することが必須となっていますので、ご留意ください。

 池田町の導入促進基本計画はこちら(PDF形式 114キロバイト) 

中小企業等経営強化法による支援の概要

詳しくは、以下のページをご覧ください。

   制度概要(中小企業庁)(新しいウインドウが開きます)(新しいウインドウが開きます)

 先端設備等導入計画策定の手引き(新しいウインドウが開きます)(新しいウインドウが開きます)

申請について

申請書類

 (1)認定申請書(新しいウインドウが開きます)

 (2)経営革新等支援機関等による確認書(新しいウインドウが開きます)

 (3)工業会証明書(写し)

 (4)建物以外 先端設備等にかかる誓約書(新しいウインドウが開きます)

     建物   先端設備等にかかる誓約書(建物)(新しいウインドウが開きます)

 固定資産税の軽減措置を受ける際、ファイナンスリース取引であって、 リース会社が固定資産税を納付する場合は下記の書類も必要です。

 (5)リース契約見積書(写し)

   (6) リース事業協会が確認した軽減額計算書(写し)

変更の場合

 (1)先端設備等導入計画の変更に係る認定申請書 (新しいウインドウが開きます)

 (2)経営革新等支援機関等による確認書(新しいウインドウが開きます)

 (3)工業会証明書(写し)

 (4)建物以外 変更後の先端設備等にかかる誓約書(新しいウインドウが開きます)(新しいウインドウが開きます)

     建物   変更後の先端設備等にかかる誓約書(建物)(新しいウインドウが開きます)(新しいウインドウが開きます)

工業会等による証明書について

  詳しくは、以下のページをご覧ください。
  https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/kougyoukai.html(新しいウインドウが開きます)

関連記事

(令和3・4年度)生産性革命の実現に向けた固定資産税の特例措置の拡充・延長

関連情報

関連ファイル

PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロードしてご利用下さい。
Get ADBE READER

情報発信元

農村政策課

〒910-2512 福井県今立郡池田町稲荷35-4
電話番号:0778-44-8210
ファックス:0778-44-6296
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日、休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


このページを評価する